INTERVIEW先輩社員のインタビュー

N・T
2018年4月入社

怖い先輩が多い業界イメージが、
良い意味で裏切ってくれた旭通信株式会社。

#Q1 入社前、どんなイメージを持っていましたか?

当然、インターネット回線工事を行なう会社というのは把握していました。
同時に、今後のネット社会に必要な業界だと理解していました。
それ以上に思い描いていたのが、マイナスイメージ。「職人・土方・背中で覚えろ」的な部分がある業界だと思っていました。

「技術ある職人」=「強面で乱暴口調な方ばかり」というのが、どうしても拭えなかった。
将来性がある仕事だとわかっていても、職人たちに囲まれて仕事が続けられるのか不安に思っていました。

#Q2 入社を決意したきっかけは?

「迷っていても仕方ない。まずは会社説明会に参加してから判断しよう」と思い説明担当のN先輩、K先輩を見て驚きました。とても穏やかで、丁寧に説明してくれたんです。
会社概要から始まり、独り立ちするまでのしっかりした教育体制もあることを知りました。

本社の方々や現場に出ている先輩と会ってお話する機会もありましたが、全員笑顔で接してくれる。
会社の雰囲気がとても良かったんです。

「この会社なら、続けられるかも知れない。」入社を決意しました。

入社後は、さらにマイナスイメージが削られて行きました。強面の先輩もいますが(笑)、ニコニコ接してくれます。技術も知識も膨大で、何でも知っていて、何でも教えてくれます。

入社から3年-。
最大級の「やりがい」ができた。

#Q3 入社後、苦労したことは?

入社時を振り返ると「わからないことだらけ」の一言でした(笑)。1週間程度の時間をかけて、座学を中心に学ぶのですが、専門用語で溢れているので、とにかくわからない。
「インターネットがどう使えるようになるのか」なんて一切考えずにネットを利用していたので「なるほど、納得!」となるまでに時間がかかりました。

先輩たちに話したところ、ほぼ全員が「俺もそうだったよ。自然に覚えるから焦んなくても大丈夫だよ。」と。

座学を学んだあとは、先輩と一緒に現場をまわり、工具名や仕事内容を覚えて行く。すると、だんだん座学で学んだことが繋がってくる。「あー。こうゆうことね。」って理解できるようになって来るんです。
わからないことがあれば、先輩に聞けば必ず解決できる。技術のこと、建物の情報(Aマンションの盤はどこにあるのかなど)、お客様への説明方法・・・。挙げたらキリがありませんが、必ず解決できます。

それを繰り返していたら、すでに3年(2020年現在)が経過。出来る技術も増え、担当エリアの建物情報も頭に入るようになり、お客様への説明方法のパターンも増えました。

#Q4 今後の目標を教えてください

『自分の技術で、お客様に喜ばれること』です。
今日現在。最大級のやりがいを感じて仕事をしていますが、今後は先輩たちのように、もっと技術力を高め、もっと知識を増やして、もっとお客様に喜んでもらえるように頑張って行きます。

Check!

他の社員インタビューを見る

D・S
2018年4月入社

S・I
2019年4月入社